うどんは女の子をかわいくする。

女の子が今よりもっとかわいくなるために必要なもの、それはブランド物のお洋服やデパコスなどどではありません。かわいくなるために必要なもの、それはただひとつ「うどん」です。うどんこそ女の子を何よりもかわいく変身させる「魔法」なのです。

ここでは実際に「うどん」によってかわいさがグググっズズズっズルズルっツルツルっチュルチュルーっと引き出されたケースをご紹介します。

【ケース①】塩月希依音

容器とお箸を小さなおててでしっかり持って、ツユを飛ばさないよう慎重にすする愛らしい姿はもうほとんど妖精。うどんを食べる姿がこんなにかわいい人に、私は初めて出会いました。これはうどんを食べてる妖精の写真ですわ。
さすがけいと氏。そしてこの瞬間を逃さなかったみおん氏にも感謝感謝です。

【ケース②】福田朱里(STU48)

「瀬戸内のうどん姫」の実力も相当なもの。自己紹介からうどん愛にあふれている福田さんですが、最後の「んま〜っ♡」顔ではかわいさがあふれかえって堤防決壊大洪水。「うどんを愛し、うどんに愛される女」に危うくおぼれかけました。あぶねぇ、あぶねぇ。
福田朱里の魅力がうどんの力でみごとに引き出されているすばらしい動画ですね。

【ケース③】川上礼奈

この生々しさ。この圧倒的リアリティ。これはもう「うどんを食べている」のではありません。「うどんと一体化する儀式を執り行っている」のです。「かわいい」だの「かわいくない」だの、そんなことはもうどーでもいーのです。
8年間「うどーんつるつるーぴかーん」と唱え続けてたどり着いたこの境地。彼女の未来はこれからも茹でたてのうどんのようにキラキラと輝き続けることでしょう。たぶん。

いかがでしたか?気づいてみれば、2018年もあっという間に温かいうどんが恋しい季節となりました。これからもメンバーの皆さんには、うどんの魔法でかわいく変身する瞬間を見せてもらいたいですね。