NMB48は、もう一度ここまで来れるだろうか?

「NMB48こそ最強で最高」だと確信していたあの頃まで。